こころ。

人生色々ありますがw





結局、全部 自分の力に変えればOK。





最近つくづくそう、思います。












子育てをしていても、子どもが育つと共に、



子ども自身で乗り越えていかなければならないことの連続・連続。








親はそういう時の経験者として、時に耳を傾けたり、アドバイスしたり、



でも最後は「必ずこの経験もこの子の強さになる」。



そう信じて、寄り添い・見守りながら背中を押すことが、



苦しくても必要になってきますね。







時には直接心にダメージが響くような。。。。



大好きな人からの裏切りだったり、自分ではどうしようもないような



理不尽なことでも。






やっぱり自分は、そういうことも全部ひっくるめて、自分の力になってきたと思うから。










親として、大人として、時に子供に「言い切らなければならないこと」があります。



例えば、「いじめ」は絶対にダメ。




これは、皆「当たり前のこと」として本当は知っているはず。




「絶対に」「どんな理由があっても」、堂々とと言い切らなければならないこと。



だから、そういう「絶対」と子供に言い切ることは、



大人として行動に責任を持って当然と思います。










それでも逆に理不尽なことがわが子に起こったとしたら。




親として子供の心は全力で守り抜こうとしますが、



そういう時に「共通の倫理観」って何だろう?と思います。








「愛」とか、「友情」とか、「信頼」とか「夢」とか、そういう「自分の心」や「相手の心」を大事にしない人、



私は好きじゃありません。



人生舐めていると思うw








「世の中には、色んな人がいる。」



この事実を口にするとき、タフに育てよと思いながら、




それでも大人として「申し訳ない」と思う私は、独りよがりでしょうか?









それでも私は、人を信じたいし、愛したいし、信頼される人になりたいし、夢も持ち続ける。




私は全然完璧ではないけど、そういうものを「尊いもの」として





「心」に価値を置く人として、生きて行きたいから。







それで、さっき言った、「世の中にはいろんな人がいる」ですがw



色々あっても、



結局、苦しみも、悲しかったことも、「自分の力に変えればOK」ですw








それを、より「心」に価値をおく人としての自分に磨きをかけられれば良い。







そう、思います。








許すことも、そうやって自分が生きて行く中で、たぶん自然に生まれていくもの。




だから、私が子供に向き合う時は、




「人」として正直な言葉を使うようにしています。






子ども達と「一緒に」というのは、たぶん、そういうことだと思っています。










この「教室」では、食を通して感謝の心を育みながら、




皆で創り上げる「楽しみ」や、「歓び」を十分に味わってほしい。




そこから生まれる感情の感覚(?)を、忘れないで欲しいです。






逆に言えば、私はそこから自然に生まれる「楽しみ」を味わってますw













人生、色々ありますがw




結局、全部 自分の力に変えればOKw






自分と人で創り上げる




「楽しみ」や「歓び」に満ちた時間 も、必ず自分で創り出せるから。












平成24年11月20日(火) 初冬の夕方   とっすぃぃぃ






☆おまけ☆




ささ。




夕ご飯を作って、美味しいお酒を飲みましょう♪





wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww









0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い