「命」

東北に住む私達を応援して下さっている皆様、




そしてブログにコメントを残して下さった皆様、ありがとうございます。



ブログを通して親しくなった方々からも励ましのお電話やメールをいただきました。



感謝申し上げます。



とっすぃぃぃ一家は仙台市に在住していますが、


沿岸部ではなく内陸に居を構えていたため被害は少ないものの、



地震が終わり外に一歩出てみると。。


お家は倒壊、道路はボコボコのお家も多く、そのため私達は近所の小学校に避難をしました。



その小学校も危ないということで、その後中学校に移り、何日か前に市の職員さんに自宅の応急判断をしていただき、



今は自宅に戻れて。。。この記事を書いています。



当日、2日目、台風の目の中に居た私達は、電気も通らず情報もなく、つなみの映像を見た時は





悲しみというより茫然とするばかりで、おなじ仙台のことなのに、映画を見ているようでした。




今でも余震が起こる度に息は荒くなり、動悸は激しくなります。



頭と心は別のもの。


コレがおさまるのは自然の時の中に身を任せるしかありません。







沢山の命がなくなりました。


そんなさ中の放射能の情報でさえも、


今も避難所の方々にとっては明日の我が身を支えて行くのにやっとで、



そこまで全力で頭が回らないのが現状です。



私に沿岸の親戚も、家は全て流されました。


お会いした時にきていた衣類も全て、みなさまからの寄付でした。


皆様からの善意は生きています。



ありがとうございます。





でも、私達親戚は誰も命を落とすことはありませんでしたので、



その命を、何よりもかけがえのない宝として支え合いながら生きています。



正直「前を向く」ことも出来ない方がほとんどでしょう。



まだ到底踏ん張ることも出来ないお年寄りたちが沢山いて、私も避難所でそのようなお年寄りたちを見てきました。




でも、そんな中でもこの地震ではっきり分かったことは、



「人を思いやり、譲り合い、助け合う」心を日本人は皆、持っているということ。




悲しいニュースも聞きますが、ほとんど皆は避難所でもお互いを思いやり生きています。




自分は生きている。


だからどんな大変な状況であっても、自分より相手の辛さを想定し、相手を思いやり、いたわる心。



人に強制することもなく自分たちで規律を作り、自分の生業をそれぞれが生かしながら、工夫を凝らし、



動ける人はただ黙々と動きながら、


「自分がここにいながらこの環境をより良く好くために出来ること」をしました。



不満を叫びたてる者、叫び出すもの。。。。避難所には誰ひとりいませんでした。





私達は楽観などしていませんが、「人」として生きて行くために1番大切なこと、



協力すること、ひとを思いやることを自然としています。




自分がどん底でも、ひとを思いやれる心がお互いにあれば、きっと立ち上がれる。




見守り続けて下さっている皆様のことも、感じていますよ。



日本の皆様、ありがとうございます。。!!





そして、とっすぃぃぃからのお願いで、今日の記事は終わりたい思います。



今、自分の命をどうしても尊重出来ないと思っている方。



どうか今がどんなに辛くても、



その「自分」に向けるエネルギーを私達の再起のため、日本の再起のために使っていただけませんでしょうか??




あなたの命が私達日本人の「宝」です。




どうか、どうか私達のために願ってはいただけないでしょうか。



その力で私達は救われるかもしれません。



リビアの軍事攻撃のニュースも、悲しく思いました。



天災で、命を落とす方もいる中、



人災で、防げるかもしれないのに命をなくす方々。。





もう命が無くなる話は聞きたくないのです。



避難所でも、子供たちの笑顔が私達の希望でした。



どうかこの未来の子供達も、



そして今はまだ会えない「あなた」も。。。。




大切な命、私の「宝」です。




どうか、お願いします。



一緒に、乗り越えて下さい。





追伸 子供達の避難所での笑顔の写真。。。撮りましたが、不謹慎かもしれませんのでUPは控えます。





今は無理ですが、時間はかかっても、私は教室を続けたいと思っています。





3月24日 Am6:01
  

とっすぃぃぃより 








7 Comments

AYA  

とっすぃぃぃさん

こんにちは

ご家族でご帰宅出来るようになって、本当に良かったです。
避難所に居られると書いてあったので、どうされているかと毎日思っていました。

自分より相手の辛さを想定し、相手を思いやり、いたわる心
とっすぃぃぃさんの記事を読んで、また深く刻んでいます

読み進めて、涙が出て止まらないです。
うまく書けません。
いつも応援しています!

2011/03/24 (Thu) 08:22 | EDIT | REPLY |   

はっぱ  

のりこえよう

とっすぃぃぃさんのメッセージ、とどきました。

のりこえたいと思います。

そしてまた、教室の子どもたちの笑顔をたくさん届けてくれる日をお待ちしています。

2011/03/24 (Thu) 14:44 | EDIT | REPLY |   

さくらのはっぱ  

まずは、無事でいらっしゃったとのこと、
ホッとしています。

まだまだ大変だとは思いますが、
教室再開の明るいお知らせを楽しみに待っています。

そして、日本人の素晴らしさを、子ども達の笑顔の素晴らしさを伝えてくださってありがとう!

2011/03/24 (Thu) 15:17 | EDIT | REPLY |   

あひる課長  

こんばんは。
なんだか、我々の方が元気をいただいたような、素敵なお話を本当にありがとうございます。

日本人は「相手を思う優しい心」と「負けない力」を持っているものと考えます。
まだまだ頑張れる事はたくさん、僕にもあると思います。

早く料理教室が再開できますように、心よりお祈り致します。
そしてまた、たくさんの子ども達の笑顔が見られますように、、、。
頑張ってください!!

2011/03/24 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   

はなまる給食  

御無事でよかった!!

Garden Kitchenの皆様、このたびの大震災のお見舞いを心から申し上げます。被災に会われた方々の様子をテレビで見るたび、ただただ涙が流れます。
昨年、お弁当コンテストに応募してくれた子どもたちはみんなお元気でしょうか。
これから復興へ向けて長い道のりが始まることと思いますが、日本中のみんなで支えることができたらと思っています。
今、「はなまる給食」でも子どもたちが笑顔で給食を食べることができるために、行動を起こそうと思っています。
 どうぞどうぞお体を大切になさいますように。

2011/04/07 (Thu) 09:02 | EDIT | REPLY |   

ちるちる  

きっと皆さん同じ気持ちでいると思います。

とっすぃぃちゃん、
頑張っていこうね!!
命のあるものが、また日本を元気に・・・
人々を元気にしていかないといけないと
思っています。

心の傷が癒えるには、きっと時間がかかるけど
でも・・・
一歩一歩でも前を向いて歩いていけるように
わたしも頑張って支援を続けたいと思います。
自分に出来ることは微力で、小さいけれど
それでも出来ることから頑張って行きたいです!

2011/04/19 (Tue) 21:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/28 (Thu) 14:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い